初めてのねこちゃん
初めて猫ちゃんを飼う方は、
「 どうやって飼ったらいいの?」
「 どんな病気があるの?」
「 病気の予防は?」
「 食事はどんなものがいいの?」
といった疑問を持たれると思います。

先ずは?

ペットショップやブリーダーから買われた方、ご近所の方から譲られた方等、猫ちゃんが新たな家族となる経緯は様々でしょうが、猫ちゃんが新しい家族として家に来たら、まず、動物病院で健康診断を受けましょう。
子猫は、免疫力が弱く、この頃にかかりやすい病気に、猫伝染性鼻気管炎やパルボウイルス感染症などがあります。これらの病気は、重度のものになると猫ちゃんの命も奪いかねない、非常に怖い病気です。このような、病気にかかっていないか、他に健康状態はどうか?などチェックしてもらいましょう。
  といっても、特に見た感じが健康そうであれば、体重や体温、検便など簡単なものでよいでしょう。さらに、眼ヤニが出ていないか、耳は綺麗か等もチェックしてもらいましょう。これらのチェックは家でもできる事ですが、獣医さんから要点を聞いておけば、大切な猫ちゃんの体調の変化を見落とす事が無くなるでしょう。

ワクチンは?

次にワクチン接種ですが、当院では、猫ちゃんの場合、生まれて初めてのワクチン接種は2回接種を勧めています。
では、ワクチンはいつ接種しに行けばいいのでしょう。それは、その子の成長具合や、親猫からいつまでお乳をもらっていたか、などで多少ずれることもありますが、大まかに、生まれて2ヶ月頃に1回目のワクチン接種を行い、その後1ヵ月ごとに2回目を接種するのが良いでしょう。2回目を接種し終わると後は1年ごとに追加接種を行います。

食事は?

食事に関しては、別のページでもっと詳しく説明しますが、基本的には、市販のキャットフードで良いでしょう。
キャットフードだけではかわいそうだと言って、鰹節を上からまぶしたり、蒲鉾を添えてあげたりしているという話をよく聞きますが、そのような必要はありません。キャットフードは猫ちゃんにとって一番バランスの取れた食事ですので、それ以外のものを与えると、最悪の場合何らかの病気にかかってしまうこともあります。

お散歩は?

猫ちゃんは家の中と屋外とを行ったり来たりして、縄張りの見回りや、ねずみを追いかけたり、屋根や塀の上で日向ぼっこをしているイメージがあり、外に出してあげないとかわいそうと言われる方もまだまだ多いです。
しかしながら、現在は、家の外には猫ちゃんにとって非常に危険がいっぱいです。多くの感染症、ケンカや交通事故による怪我など、生命に関わる事もたくさんあります。かといってリードを付けてお散歩…というのも猫ちゃんは難しいですね。
できることなら、猫ちゃんは外には出さず、お家の中だけで飼ってあげるのがいいと思います。

他には?

いろいろありますが、定期的に健康診断を受けることをお勧めいたします。そうすれば、獣医さんも猫ちゃんの状態を把握しやすくなりますし、何よりも病気は早期発見が大切です。人間と一緒ですね。
* close *